表紙へ戻る
街道松 甲州街道 道中記 街道松
  街道地図
(26) 下花咲宿   「本陣建物」が現存しています
下花咲宿は本陣1、脇本陣2、旅籠は22軒であった。人馬の継ぎ立ては上花咲宿との間で半月交替で
行っていたことから上・下花咲宿の両宿で一宿という見方も出来る。しかしそれぞれに本陣、脇本陣を
持っていたので一般的には別々の宿場として数えられていた。

 平成18年10月17日

大月橋から見た桂川大月橋下花咲一里塚跡

大月追分けのすぐ先は「桂川」(左)。ここに架かる「大月橋」(左)を渡りしばらく歩いた先が下花咲宿。

ほどなく国道20号とJR中央線の間に見えたのは「下花咲一里塚跡」(右)。


一里塚だよ天保13年建立の芭蕉句碑

説明板の後ろに こんもりと土が盛られ榎も植えられている。「一里塚だよ」(左)とささやかに自己主張しているところが可愛い。

塚跡には庚申塔や馬頭観音、地蔵など多くの石塔があるが その中に天保13年(1842)建立の「芭蕉句碑」(右)も。

   しはらくは 花の上なる 月夜かな   芭蕉  


下花崎宿の旧本陣建物本陣碑と明治天皇花咲御小休所碑

一里塚跡から7〜8分、目に入った大きな古民家は「旧本陣建物」(左)。 名主の星野家が務めていた本陣は今でも生活の場として使われているが内部の見学が可能。上段の間が当時のまま保存されており維持・管理が大変だろうと余計な心配をしてしまう。 

正面に据えられている石碑は「本陣碑」(右)と「明治天皇花咲御小休所碑」(右)。


本陣前を通り過ぎるといつの間にか上花咲宿に入っていたという宿場間が極めて近い。

前の宿場大月宿へ    つぎの宿場上花咲宿へ   表紙へ戻る