表紙へ戻る  
東海道五十三次道中記

(1)品川宿  鈴ケ森刑場跡は重かったなー。         街道地図

日本橋を出発すると最初の宿場が品川宿。だが旅人側から見ると 東海道から江戸に入る前に一泊して旅の垢を落とし、
さっぱり
して江戸入りする そんな宿場でもあった。また海に近く景勝の地であったことから旅人のみならず遊山客でも
賑わっていた。
平成17年10月29日

品川宿への入り口は「八ツ山橋」(左)。
ところがここが問題。橋の親柱に 旧東海道 のプレートがはめ込まれている。ほっとしてそのまま橋を渡ってしまうと普通の街へ入ってしまうので注意を。

ここは横断歩道を渡り向こう側を歩けば 品川宿説明パネル 「旧東海道品川宿入り口」(右)の看板もあり迷うことはない。 

「なんとなくひっそりした町並みだなー」(左)。江戸時代の方が賑わっていたかも。資料によると町並みの道路幅は江戸時代から変わっていないそうだ。今でも通用する道路が造られていたとは驚き。

最初に目に入ったのが「問答河岸跡碑」(右)。
三代将軍家光が東海寺の沢庵和尚に「海近くして東海寺(遠海)とはこれいかに」 沢庵和尚すかさず「大軍を率いていても将軍(小軍)と言うが如し」と言ったとか。


海岸方向へ下って利田神社へ行くと「鯨塚」(左)なるものがある。寛政10年(1798)、品川沖に迷い込んだ鯨が漁師達によって捕えられた時の供養碑で当時は大変な評判、将軍家斉も上覧されたとか。

街道へ戻るとちょっと先の品海公園に「日本橋より二里」(右)と記された標柱が建てられているが、ここに一里塚があったか否かは定かではない。その先の聖蹟公園は品川本陣が有った場所。

しばらく歩くと右側に樹齢80年の黒松「品川宿の松」(左)が身を傾けて旅人を眺めている。この松は東海道・浜松宿の有賀氏より贈られたもの。

150mほど先の松は東海道・三島宿がある静岡県・三島市からの寄贈。
その先には四十九番目の土山宿がある滋賀県土山町から寄贈された「街道松(右)が旅人に話しかけている。

ここからは平成17年11月1日

さらに歩くと品川寺(ほんせんじ)の大きな「お地蔵様」(左)がやさしく迎えてくれた。この地蔵尊は江戸六地蔵の一つで、石造りではなく高さ2.74mの青銅造り。ここから職場の同僚であった梅ちゃんことU氏と弥次喜多道中だ。

品川寺からすぐの海雲寺「力石」(右)が有ったが、こんな重い石を持ち上げたとは 江戸時代の男集は凄い。この石からパワーをもらっていくか。


10分ほど歩くと涙橋に到着。正式名称は浜川橋であるが この先の刑場に送られる罪人と涙ながらの別れを行う場所ということで涙橋と言われるようになったとか。
その刑場とは国道15号に合流する場所にある「鈴ケ森刑場跡」(左)。
八百屋お七、白木屋お駒、天一坊など、よく知る人物もここで処刑されている。題目碑などに混じって「磔台」や「火炎台」の礎石が残っており、ちょっとばかり気持ちが重くなるなー。

気分一新、歩道橋を渡り右側を行くと京浜急行大森海岸駅の先の道路際に「磐井の井戸」(右)があり その前が磐井神社。 転がすと鈴の音がするという「鈴石」、鳥の形をした「鳥石」があるそうだが、残念、見つからず。
コメント:再度訪れたところ有りました「鈴石と鳥石」が、といっても現物が有ったわけではなく説明板が有りました。現在は屋内に保存されているということで見ることは出来ません。 前回訪れたときは本殿が工事中のため説明板が塀で隠されていたのでした。


国道15号を左側に移り平和島入口の交差点先から旧東海道に入る。旧道に入るとすぐに「旧東海道石柱」(左)が建てられており900mほどをノンビリ歩くと再び国道に合流。 

横断歩道を渡って右側を歩き梅屋敷駅を過ぎると「梅屋敷公園」(右)に到着。ここは江戸時代に和中散(旅の常備薬)の売薬所敷地に梅の木を集めて作られた庭園。明治天皇がこの庭園をことのほか好まれ9度も行幸したそうだ。

多摩川の少し手前に鎮座しているのは「六郷神社」(左)。村の鎮守 程度かと思っていたが源義家・頼義父子が京都の石清水八幡宮の分霊を勧請したのが当社の創建とされる由緒ある神社。

「神門前の神橋」(左)は梶原景時の寄進とされている。また、境内左手の狛犬は貞享2年(1865)の造立で大田区内最古の狛犬。なんとも愛嬌のある顔をしている。


ついに多摩川に到着。国道の下を通って上流側に移動した先の「北野天神」(左)は別名 止め天神の愛称で親しまれている。江戸時代、八代将軍吉宗が乗った馬が暴走。ところが天神様の前でピタリと止まり危うく落馬をまぬがれたという。以来、悪い事を止める天神様として人気があるのだそうだ。

この地は旧東海道「六郷の渡しがあった場所。境内に六郷の渡し跡説明板や六郷の渡し杭などもあり往時の面影が少しだけ残っている。 明治7年(1874)に木橋が掛けられたがこれも流失し強固なコンクリート橋が架けられたのが大正14年(1925)。その時の「旧六郷橋 橋門」(右)がすぐ裏の宮本台緑地に保存されている。

 いよいよ川の向こうが川崎宿。多摩川の土手に登り さらに階段を登って六郷橋を渡り川崎宿へ。

 日本橋へ戻る    次の宿場川崎宿へ     表紙へ戻る