表紙へ戻る
街道松 甲州街道 道中記 街道松
街道地図
笹子峠越え  見事な紅葉を堪能した峠越えでした
黒野田宿を出ると甲州道中最大の難所 笹子峠が待っている。鬱蒼とした杉林を行く標高1096mの峠越えはつらい旅であったろうと想像する。
途中に3カ所の茶屋が有ったが今は笹子隧道の開通、さらに新笹子トンネルの開通でハイカーだけが歩く峠道に変わってしまった。

 平成18年11月8日
熊が出る、イノシシが出ると散々脅かされたので今回は仲間を募っての峠越えだ。MB(マウンテンハ゛イク)で高尾の山を走り回っているY氏、登山と山岳写真のベテランA氏、
東海道を一緒に歩いたことがあるU氏の4名で熊を撃破だ。

旧甲州街道入り口笹子峠下の集落

国道20号のコンビニで水や食料を補給していよいよ「旧甲州街道(県道)(左)に入り笹子峠越えに出発。
コメント:コンビニは廃業しています。

クマ出没注意の看板旧街道に入ると早速「クマ出没注意」(右)の看板。 しかし今回は4人だから怖くないぞ。
「峠下の集落」(右)で出会った人に熊情報を聞くと 「最近は出ていない。 猟友会のメンバーが山に入ったが出た形跡も無い」 とのこと。ほっとした。
     


電柱の陰に矢立の杉方向の道案内杉林の中の旧甲州街道

県道に入って4〜5分歩くと道路が左へカーブするがその直前の「電柱の陰に道標」(左)があり「矢立の杉」と記されている。旧甲州街道はここから山の中へと入って行く。

右へ曲がるとすぐに「杉林の中の道」(右)となるが この道を通る人はほとんどいないのだろう。そのうちに踏み跡も弱くなり獣道のような道を進むことに。一人じゃなくてよかった。

25〜26分ほど歩くと先ほど分かれた県道に合流。
    


再び杉林の旧甲州街道明治天皇御野立所跡碑

しばらく県道を歩き遊歩道の看板が出たら左側の山道に入ると「再び杉林の旧甲州街道」(左)。今は植林された杉林であるが江戸時代は鬱蒼とした杉林の中の街道であったようだ。

上りが少し緩やかになった先、広場の一角に建てられている石碑は「明治天皇御野立所跡碑」(右)。鉄道の笹子トンネル完成が明治35年(1902)であるが御巡幸は明治13年(1800)。明治天皇もこの峠を越えたのだろう。


矢立の杉中は空洞

野立所跡碑から少しの場所にそびえている大木は笹子峠を代表する「矢立の杉」(左)。説明板によると「昔の武士が出陣する際に、この杉に矢をうちたてて武運を祈ったので矢立の杉と呼ばれた」とある。

この杉はとにかく大きい。目通り幹回り9mとあるが、「中は空洞」(右)となっており人間が数人入れる。しかもその空洞が先端まで通じているので空が見えるという凄い杉の木だ。コメント:現在は中に入ることはできません。

この先も山道を行くのだが我々はうっかりと県道に出てしまった。


笹子峠はすっかり秋景色笹子隧道

「笹子峠はすっかり秋景色」(左)、見事な紅葉が我々を楽しませてくれる。この日は一片の雲も無い快晴。しかも風が無い。暑くもなく寒くもなく最高の日和に紅葉を堪能した峠越えであった。  

うねうねと曲がった道を上っていくと、ついに赤レンガで化粧された「笹子隧道」(右)が見えた。昭和13年(1938)に完成したこの隧道は新笹子トンネルの開通で役目を終わったがその後も整備され今も現役。


峠の道標赤鳥居

旧甲州街道はトンネル手前右を山の中へと登って行く。かなり急な坂道を登りやっと頂上の「峠の道標」(左)前に到着。 左右の道は登山道であるが、旧甲州街道はこの先を真っ直ぐ下って行く。

坂を下るとすぐに道は左右に分かれるが右側に「赤鳥居」(右)が見える。ここは江戸時代から旅人の安全を願う祠があった場所。今も鳥居の奥には小さな祠が。
この先は左に曲がり坂を下るとトンネルの左側。


甘酒茶屋跡桃の木茶屋跡標柱

トンネルの前に出て一旦県道に入り、すぐにガードレールの間を左に下って行く道が旧甲州街道。数分歩くと県道にニアミスするがここに「甘酒茶屋跡」(左)の標柱が建てられている。

再び山道に入り丸木橋を渡ったり、自害沢などという物騒な場所を通り30分、県道に合流しアスファルト道をジグザグに下って行く。 途中に「桃の木茶屋跡標柱」(右)が建てられているが、かつては3軒の茶屋があった場所。この先もしばらく山中の道を下ると彼方に駒飼宿の集落が見えてきた。

前の宿場黒野田宿へ    次の宿場駒飼宿へ   表紙へ戻る