表紙へ戻る
街道松 甲州街道 道中記 街道松
街道地図
(29) 中初狩宿  横浜の赤レンガ倉庫?そんな蔵がありました
下初狩宿から八町ほどしか離れていないという近さであったが、本陣・脇本陣を備え、旅籠は下初狩宿より多く25軒ほどであった。

 平成18年11月1日

初狩小学校前に立つ芭蕉句碑中初狩本陣跡

初狩駅前交差点を過ぎ宮川橋を渡ると「中初狩宿」
橋から数分先の初狩小学校前に立つ石碑が「芭蕉句碑」(左)。隣に立つ50センチほどの石のかけらが芭蕉塚。
   山賊乃 願とつる 葎哉     芭蕉
    (やまがつの おとがいとずる むぐらかな)

さらに数分歩いた先の右側に見える大きな建物の場所が「中初狩本陣跡」(右)で建物の左側には本陣特有の屋敷門もある。(ただし建物も門も当時の物ではない)


明治天皇御小休遺跡碑小山田左兵衛尉信茂顕彰碑

本陣跡の左側に「明治天皇御小休遺跡碑」(左)が建てられており、ここが本陣だったことが分かる。脇本陣は斜め向かい側にあったのだが今はその痕跡は無い。

道なりに進むと唐沢橋の手前に首塚と記された標識があったので標識に従って中央線のガードをくぐり山の中に入って行くが首塚が見つからない。代わりに見つかったのが「小山田左兵衛尉信茂顕彰碑」(右)。信茂は武田勝頼に反旗を翻し勝頼を自害に追い込んだ人物なのだとか。


石塔群レンガ造りの蔵

街道に戻り唐沢橋を渡ると左側の一段高い石垣の上に見えるのは大量の「石塔」(左)。石地蔵や秋葉常夜灯なども含まれているので、あちこちから集められたものではないだろうか。 

石塔群の向かい側に横浜の赤レンガ倉庫を思わせるような「レンガ造りの蔵」(右)があり人目を引く。 白壁の蔵を見慣れた目に 赤レンガの蔵 は新鮮というか違和感というか、なんとも。


国道20号船石由来碑船石道標

この先は「国道20号」(左)をテクテクと。ずーっと上りだった道が珍しくこの辺りだけ平坦地。ほっとするね。

平坦な道路の先に船石橋があり橋を渡ると左側に「船石道標」(右)と「船石由来碑」(右)が建てられている。由来碑には縷々記されているがなんとも読みづらい。内容はカットだ。


山へ上る旧甲州街道歩道が無い国道20号

船石橋からさらに国道を進むと、中央線高架の手前右側の民家と工場の間に山へ上っていく道があるがこれが「旧甲州街道」(左)。この道を上り山を迂回していくと白野宿へ行かれるのだが今は道が途中で消滅。

しかたないので「国道20号」(右)を歩かなければならないが歩道が無い。右は高い崖、左のガードレール下は笹子川の深い谷。しかも高架下から先は右へカーブして先が見えない。ここは怖かった。
大型トラック同士がすれ違わないことを念じた数分間だった。

前の宿場下初狩宿へ    次の宿場白野宿へ   表紙へ戻る